打撲してしまう人々

打撲とは

打撲ってみなさん一度以上はご経験されていると思います。
転んだりぶつかったりして筋肉や靭帯を痛めちゃう事なんて日常的ではないしてもたまにやっちゃいますよね。
とくに学生時代なんかは良く走ってよく転びますよね。運動会の予行演習とかでテンション上がってしまって気合入れて走ると急に足をやっちゃたり、
騎馬戦とかやりすぎて足蹴られすぎて打撲したりもよくしましたよね。
あとは家の中でテーブルの角なんかに思いっきりぶつけて腫れたりあざができるのも打撲の一つです。
小指なんか打つとすんごい痛いですが、内出血で腫れたりしたら立派な打撲です。
大概は安静にして、冷やしてあげれば大体痛みはひきます。
しかし筋肉系や靭帯の損傷だと整骨院に行った方が良いと思います。
靭帯をやっちゃうと歩くのも少しつらいですよね。打撲は保険も効くので近所の接骨院にゴーしてください。
普段運動をしていない人が急な動作をするとよく筋がちがったり、靭帯が伸びちゃったりするので、しっかり運動前にストレッチを怠らないのが、予防策なので
しっかりストレッチしましょう!!