仙骨にも原因が

仙骨とは

仙骨矯正で上半身と下半身、左右のバランスを安定させることが、腰痛改善の第一歩

仙骨というのは骨盤の一部の骨のことなんです。
仙人の骨ではありません。
骨盤の中央にある逆三角形の骨で、両方の臀部のちょうど中央の背骨に沿ってふれるとわかりやすく、大体手の大きさと変わらないと思います。

実はこの仙骨の歪みが原因で腰が痛くなってしまう事がよくあります。なので、しっかり仙骨について勉強しましょう。
仙骨は体の中心線に沿って真中でいわゆる体の土台となっています。

人間の土台となるとても重要な骨なんです。仙骨の上には、大黒柱となる背骨があります。
皆さんの重たい頭や腕を支えてくれる土台仙骨というわけです。

逆にこの仙骨に異常があると土台が揺らぐということになるので、どこかしらの体に影響ができるという寸法なのです。

その影響とはつながっている骨だけでなく、神経から筋肉にかけても影響がでます。

さらに突っ込んだ話をすると筋肉が圧迫されると血管が圧迫されます。血管が圧迫されると血流が鈍って肩こりや腰痛の原因となります。

さらに内臓への負担が出てきて、体の内側からどんどん悪くなってしまいます。

仙骨ひとつとってもこれだけのリスクがあるので、しっかり気をつけていきたいですね。

すこし違和感を感じたら、私が思うに大宮の整骨院などに行って治療をしてもらうのが一番いいのではないのでしょうか?ここおすすめです!