ぎっくり腰が起こりやすいのはどんな人?

年に何度もぎっくり腰を起こしてしまう人もいれば、今までなったことがないという人もいます。体質の差もあるのかもしれませんが、それ以外の外的要因でぎっくり腰のなりやすさに差はあるのでしょうか。

 

ぎっくり腰は腰の辺りから音が聞こえる感覚と鋭い激痛で、身動きできなくなります。突然起こるように思えますが、それまでに骨盤に負担がかかっていたり、腰の筋肉がこり固まっていたりと不安定な状態にあるからこそ、何気ない動作で激痛に襲われてしまうのです。ぎっくり腰は対処法を間違えると長引き、回復までに時間がかかってしまいます。また、症状が軽い場合でも炎症が起きていることには変わりないので、いずれにせよ安静第一です。
発症した初日が一番痛みが強く、安静にしていれば2日〜3日で自然に回復していくので、むやみに動かず自宅で安静にしてるのが一番です。悪い姿勢で骨盤がゆがむと、腰回りの筋肉に負荷がかかるようになってしまい、結果として腰への負担が高まってぎっくり腰を引き起こしてしまいます。
ぎっくり腰になってしまった人は体のバランスを整え、ぐらつきを改善して、自然治癒力を高めて回復に努めることが大切です。

ぎっくり腰で困ったら!安心できる治療院

こころ整骨院 福岡西新院
092-834-6833
福岡県福岡市早良区西新5-15-17
https://nishijin.takadanobaba-seitai.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です